消費者金融を利用する際に気をつけなければならない総量規制

総量規制というものをご存知でしょうか。お金を借りる際には時々この総量規制が関係してくることがあります。そもそも総量規制は何かというと、お金を借りる際に年収と借り入れ額を比べて、一定額を超えてしまうとそれ以上お金を借りることが出来なくなる事を言います。具体的には、年収の1/3までが限度と決められており、それ以上の金額を借りることが出来ないようになっているのです。

なぜ総量規制があるかというと、お金を借りれば当然返済しなくてはならないのですが、返済に困ってさらに別の会社からお金を借りて返済し、また他から借りて返済するという、いわゆる多重債務者が増えてしまうことを懸念して作られたものです。例えば、A社ですでに自分の年収の1/3に当たるお金を借りてしまっている場合、A社はもちろんそれ以上のお金を貸してくれません。そこで今度はB社に行ってお金を借りようとした場合でも、B社はあなたがA社ですでにいくら借りているかという情報を把握していますので、B社でもお金を貸してくれなくなります。

総量規制が出来る前は、上記のように他社でさらに借り入れをするということができましたが、総量規制がある現在はこうした無理な借り入れはできないのです。総量規制と言うのは基本的に消費者金融での借り入れに対するもので、銀行が提供するカードローンには適用されません。ただ、この銀行が総量規制の対象外というルールも、徐々に変わりつつあるので、実際に利用するカードローンサービスなどを確認してみる必要があります。