お金を貸してくれる業者や機関はいくつかありますが、もっとも手軽なのが消費者金融です。しかし、消費者金融を利用する人は多いのに、そもそも消費者金融がどのような機関であるのかを正しく理解している人はそれほど多くありません。ここでは消費者金融がどのような金融機関であるかについて触れていきます。

お金を貸してくれる機関

端的に言えば「お金を貸してくれる機関」ですが、お金ならば銀行などでも借りることができます。消費者金融と銀行の違いは非常に明快です。消費者金融は、お金を貸すだけの業者と考えると分かりやすいでしょう。

銀行や郵便局のようにお金を貯めることはできません。そのため、お金を借りる必要がない人にとっては、利用する機会がない機関である、ともいえるでしょう。

消費者金融は、一昔前まではサラ金や街金とも呼ばれていました。この呼び名はサラリーマンを対象としている会社(サラリーマン金融)や、営業所が街中にあることに由来しています。

総量規制が適用される

「年収の3分の1までしかお金を貸すことができない」と言う法律が総量規制ですが、これは消費者金融には適用されますが、銀行には適用されません。

そのため、住宅購入の際には銀行からお金を借りて、大きな金額のローンを組むことができます。消費者金融は大きな金額を借りることはできないので住宅や車購入の際の資金にあてることはできませんが、その代わりに利用者が多額の借金を抱えないよう守る規制が働いているのです。