基本的に専業主婦は消費者金融を利用することができません。なぜなら消費者金融を利用できる人の基準が、一定の収入を得ていることだからです。専業主婦でもお小遣いを貰っているという人はいるかもしれませんが、これは一定の収入に該当しません。そのため専業主婦は審査に落ちる可能性が高いでしょう。

しかし専業主婦でも審査に受かる消費者金融も存在します。

専業主婦でも受かる消費者金融とは?

消費者金融の中には、専業主婦でも歓迎しているところがあります。なぜ専業主婦でも利用できるのかというと、配偶者貸付という制度を行っているからです。配偶者の年収の三分の一までなら専業主婦も借りることができるという制度で、この制度なら、年収600万円の配偶者を持つ専業主婦だと200万円までの借り入れをすることが出来ます。しかし配偶者貸付にはいくつかの条件があり、配偶者の同意、結婚しているという証明書類が必要です。

また、大手消費者金融は配偶者貸付を行っていないところが多いです。もし専業主婦でも消費者金融を利用したいのであれば、銀行系のカードローンを利用しましょう。銀行系のカードローンであれば、配偶者貸付で借りられる可能性があります。

パート主婦なら消費者金融から借りられる

消費者金融からの借り入れが難しいのは、決まった収入のない専業主婦です。そのためパートである程度の収入のある主婦であれば、配偶者の了承を得なくても借り入れをすることは可能です。

もちろんある程度の収入がなければいけませんが、パート主婦の場合は年収100万円があれば審査に通る可能性も高いでしょう。また、最近は在宅ワークを行う主婦も増えています。在宅ワークでも毎月決まった収入があれば審査可能なので、専業主婦で借り入れをしたい方はまずは在宅ワークを始めてみるのもおすすめです。

専業主婦は配偶者に借りて貰うのが一番

決まった収入のない専業主婦が消費者金融から借り入れをすることは難しいです。また、借り入れをする金額にも制限が出てきます。

そのため、もし専業主婦がお金を借りたいと思ったら配偶者にお願いをするのが一番ではないでしょうか。

専業主婦でも可能、決まった収入のない人でも審査受付中、といった記載のある消費者金融は、闇金の可能性があります。決まった収入がない、返せるあてがないのに貸してくれるところは危険なので注意をしてください。万が一お金に困ったとしても、専業主婦歓迎の消費者金融は不安要素が多いのです。